CoRicco

お茶と多能工

ほぼコリ

チャオ、CoRiccoの鎌田浩嗣です。その週の振り返りということで、ほぼコリの週末更新が定着化しそうですな。皆さんはどんな1週間をお過ごしでしたか?一緒に振り返りながら、適当に読んでいただければと思います。

うす。

最近「やりたいこと」が多すぎるんですよ。

例えば?

登山、スキー、読書、語学勉強、茶の湯、DIY、肉の燻製 etc….

とかなんですけど、興味がいろんな方向に向いて基本的に多動します。

先日、とある方にコーチングの体験をさせてもらう機会があって、その時に言われたのがこれだけ「やりたいこと・want to」が浮かんでくる人は結構稀らしいですよ。

よかったですね。ちなみに「肉の燻製」って。。。

ああ、これはコリッコカフェがオープンしたら、天気が良い日はデッキで肉の燻製でもしながら過ごしたいなと思いまして。ベーコンやらスペアリブやら。それを使った料理なんかも提供しちゃって。

なんか少し隠居生活みたいですね(笑) 茶の湯とかも。

そうですね〜。最近「文化を創る」って何だろうと考えていて、思い浮かぶ方法がほとんど隠居生活の実践とも取れるようなものばかりなんです。文化って言ってみれば、習慣の積み重ねですよね。そこで、僕がやってみたいという習慣が全部おじいちゃんがやるようなことばっかりなので。隠居っぽくなっていくのかな。

年齢以外におじいちゃんとおじいちゃんじゃない人の違いは「やらないといけないことが少ない」とも取れますね。いいじゃないですか。どんどん新しい文化を発信してくださいよ。

はい、新しいとか今これやったらイケてるかも?と思う文化って、ほとんど過去のものにヒントが沢山。「昔のこれと今のこれ掛け合わせたら面白い!」って思えるようなことが過ごしていたら、沢山あります。というか、おじいちゃん・おばあちゃんがやってるような事をしっかり真似てやっても若者がやることで新しくなっちゃうんですよ。

では、そろそろタイトルの話に。茶の湯の方はどんな感じですか?

1月は、丸々コロナ緊急事態宣言だったのでお稽古自体がお休みでした。でも2月から再開なので、ちょうど明日がお稽古です!久々なので楽しみ〜。

それと茶室をコリッコカフェの2階に作るんですよ。その担当してくれる職人さんとも今週は出会うことができました。設計を友人で、NiGHT UP実行委員会の一員でもある久家孝允くんに頼んでいます。職人さんは、彼の大学時代の後輩です。徳之島出身の方で、もう気合が違うなって感じでした。

右が設計士の久家くん NiGHT UPでは共に神灯りを頂きに宝満山上宮へ登頂した仲

いつお茶室は完成予定ですか?

5月のG.W連休明けに着工予定となったので、6月には出来上がっていて、お客さんをお招きしできる状態になっていると思います。

どんな風に利用するんですか?

まだかっちりとは決まってないんですが、茶道って季節感をすごく大事にするので、季節の移り変わり・旧暦なんかを発信していきたいと思います。それから襖などで閉じれた空間なので、ちょっとした密談が生まれやすい環境づくりも意識したいと思います。これだけSNSやインターネットが発達している中で「情報には価値がない」なんて言われてますが、半端なく濃くて魂の乗った情報が生まれちゃう茶室です(笑)

あんまりイメージがわいてないのですが、要は茶室にお客さんを招待して、そこでお茶を振る舞うって話ですよね。

そうですが、それだけではないですよ。よく皆さんがイメージされるお茶って薄茶のことで、お客さんがお菓子を食べて、亭主が茶筅で抹茶をシャカシャカシャカって混ぜたものを飲むみたいな場面かと思います。お茶でいうところのその場面は映画に例えると、クライマックスのさらにその後のエンドロールみたいなシーンだと理解しています。

お客さんを招待するところから始まっています。亭主は、そのお客さんの顔を思い浮かべながら、どんな事を用意したら喜んでくれるか色々と考えてみます。お茶事と言われる完全なおもてなしでは、料理やお酒も振る舞いますが、それらは全て終盤に一服してもらう濃茶を美味しくするための伏線と言っても過言ではないようです。

は〜!そうなんですか。そう考えると亭主はお客さんを楽しませるために、いろんな事を勉強しないといけませんね。

そうなんですよ。さまざまな分野にアンテナをはり、なんでも自分でやってみる精神は大事だと思います。多能工です。茶の聖人と呼ばれる千利休だって、多能工です。茶室は作るし、茶碗やら茶杓やらの道具は作る。国内のみならず海外とも商売もやっていたので、その知識と交渉力。そうでもないと、時の重要人物たちを招いて楽しませることはできなかったでしょう。

そうでしょうね。今のように人口減少と単純作業のAI化を踏まえると、縦割りの仕事や能力だけではダメですもんね。色々組み合わせて、総合的に人を楽しませたり、自分自身も楽しむ力が必要のようです。

そんな人を沢山周りに増やしていこうと思っていますし、実際にこの数年で僕の周りはそんな人に溢れてきました(笑) 類友現象!

確かにそうですよね。それが前々回でも話していた経済圏の話にもきっと繋がってるんですね!今日はこの辺で。

はい!チャオ!

ほぼコリ

最近のうごき

2月27日初開催!コリッコ・トークに参加しませんか?

コリッコ研究会

お茶と多能工

ほぼコリ

カフェのオープン日が決定

コリッコカフェ|ほぼコリ

一覧はこちら